Cambodia #3

f0106999_230450.jpg





          アンコールワットの北隣にはアンコールトムがあるのですが、地図で見るとちょっと先、程度なのに、自転車で行くとなるとこれまた想像以上に遠いんだ。
          
          「自転車」+「遺跡」=バガンの距離感

          というものが体内地図の基本縮尺になっていたのがそもそもの間違いだったのだ。
          (バガンはちょっと自転車を走らせれば、すぐに仏塔や寺院に着いたのであった。)
          過去の体験から物事を見てはいけないのだ。
          ありのままの現実を見なければ。

          それにしても、アンコール遺跡は広大。
          ペダルを漕いでも漕いでもアンコールトムの気配を感じず。。。

          そうこうしているうちに、お堀が見え、、、
f0106999_2395045.jpg

          南大門が目に入り、、、
f0106999_23103515.jpg

          鹿注意の看板がある道を爆走すると、、、
f0106999_23112945.jpg

          アンコールトムのバイヨンに到着!!!
f0106999_23122370.jpg

          なんかすごいんですよ、バイヨンの迫力が!
          ものすごいパワーを感じました!
          バイヨンは須弥山を象徴しているそうで宇宙の中心を現しているそうなのですが、
          さもありなん、と心のそこから思えるほどパワーが満ち溢れてましたよ。
f0106999_23164777.jpg

          この口角の上がり具合。
          なんとも心が穏やかになるというか、何もかも受け入れてくれるような表情に見えました。
f0106999_23183237.jpg

f0106999_2319190.jpg

          この場所で夕陽が沈むのを眺めていたい。。。
          と思いましたが、陽が暮れてから暗い道を自転車で帰るのは危険なため、やむなく断念。
          帰り道もママチャリを1時間以上漕がなければいけませんしね。。。
          後ろ髪をひかれる思いでバイヨンを去りました。
f0106999_23223413.jpg

          帰り道に見た象に乗る人。
f0106999_23241040.jpg

          陽が沈む前に帰らないと、と焦る帰り道に見た風景。
by chieko6868 | 2017-01-11 23:27 | カンボジア Cambodia | Comments(3)
Commented by cobag2 at 2017-01-12 14:31
こちらのアンコール・トムの迫力は半端でないですね!
同じ遺跡でもヒンズー教のアンコール・ワットと仏教のポロブドールでは
こうも違うのですね。
観光用の象を横目に、のんびりしてる牛を眺めながら必死にペダルを
漕いでる(辞書の注:手や足を繰り返し動かして前へ進む事)chiekoさんが
眼に浮かんで来ます^^
Commented by chieko6868 at 2017-01-12 21:39
★cobag2さん
バイヨンの四面像は観世菩薩らしいのですが、
ふと思ったのは、こういうのを掘るのって仏教独特のものなんでしょうかねー?
ヒンズー教の遺跡は見たことがないので、違いとかよくわからないんですけど、
巨大なシヴァ神の像があるとか聞いたことがないような、、、
私が知らないだけかもしれませんが(^^;
Commented by chieko6868 at 2017-01-12 22:43
★cobag2さん
もとい、アンコールワットはヒンズー教の遺跡でした^^;
見たことありました^^;
<< Cambodia #4 Cambodia #2 >>